不倫を探偵に依頼されると不倫は必ずばれる

探偵不倫というのは、バレるリスクが非常に高いです。特に最近では、探偵に依頼して、不倫の証拠を押さえる夫や妻も多いのです。
探偵に依頼することで、確実に不倫の証拠を掴むことができるので、裁判にまで発展すれば、間違いなく勝訴を得ることができます。

もちろん、探偵に依頼をするには、それなりの費用が必要なので、ある程度不倫をしている確証を得ることができなければ、そう簡単に探偵に依頼することはできません。しかし、不倫をしている人間というのは、必ず日常生活とは違う行動を取ります。
帰ってくるのが遅い日が多かったり、携帯電話をチェックする回数が増えたりと、何かしら怪しい行動を取るものです。

それが、不倫の疑惑から確証へと変わることもあり、それがきっかけで探偵を依頼し、不倫がバレてしまうというケースが多いのです。
不倫がバレてしまった以上は、離婚は迫られる可能性は高いでしょうし、親権問題や慰謝料問題でも、まず100%勝ち目はありません。なので、手遅れになる前に、不倫相手とは別れた方がいいかと思います。

不倫を絶対に許せない女性

許せない男性の浮気や不倫を「それも男の甲斐性」だと言ってしまうケ-スもありますが、女性からすれば必ずしも納得出来る事ではありません。
「不倫は文化」なんて発言も、物議を醸し出した事がありましたよネ?
「浮気は許せないし、その結果自分の方がフラれるなんて、絶対に許せない!」という女性の心の叫びが聴こえて来そうです。

そんな悔し過ぎる経験者に自分がならぬよう、「旦那には絶対不倫をさせない」と徹底的に対策を講じている人も少なくありません。
最初に挙げられる手法が、互いのメルアドに互いの名前を組み込む事。
これは第三者に、「特定のパ-トナ-が存在しています」と公言する意味合いを持ちますから、旦那はむやみに他の女性との交際を企てる事が出来ません。
自分のメルアドをお目当ての女性に教えようとした瞬間、自動的にブレ-キがかけられるようなモノなのです。

更に子供が居るのであれば、旦那の携帯の待ち受け場面を子供の写真に設定させるのです。
携帯画面を見る度、子供の顔を確かめさせる事で、男性の不倫願望に「待った!」をかけるのです。

このような女性達の工夫と実行力には、ある意味頭が下がる思いです。
これらの対策の実際の効力に関しては何とも言えませんが、男性側からすれば、まさに「鎖につながれた」感覚になる事は、間違い無いでしょう。

不倫を絶対にしないという人はこんな人

不倫をしない全ての人が不倫をするかと言うとそうではなく、全く不倫をしない人もいます。もし自分自身が絶対に不倫を許せないのであれば、全く不倫をしないような相手を見つけることが1番と言えます。ただ、特に男性に関しては、ほとんどの人が少なからず不倫をしたいと思っているものです。
本当に不倫を全くしない男性なんて、この世に存在するのでしょうか。
実は、私の父が、不倫を全くしない男性の1人なのです。

父が不倫をしない最も大きな理由としては、私の母をこの上なく愛しているからです。父は母と結婚して30年以上になりますが、今でも結婚当初と変わらず、母のことを愛しているのです。
また、父の職場は家からわずか数百メートルしか離れておらず、不倫をしたくてもできないような状況なのです。
ただ、もし職場が家からどれだけ遠くても、父は不倫なんてしなかったでしょう。

それぐらい母に対する愛情は大きいのです。
ここまで1人の女性に愛情を注げる男性なんて、滅多にいないと思いますが、世の中には父のような男性も必ずいるので、根気良く探し続けてください。もしかしたら、貴女と出会ったことにより、不倫をしたい気持ちが一切なくなる可能性もあるのです。

妊娠しやすい時期はなぜか不倫したくなる

妊娠女性には、妊娠をしやすい時期というものが存在します。しかも妊娠をしやすい時期というのは、不倫をしたくなる時期と重なっていることが多いのです。
ということは、不倫がきっかけで、妊娠をしてしまう可能性も十分に考えられるのです。
もし不倫相手との性行為で妊娠してしまったら、夫に不倫をしていることが、ほぼ確実にバレてしまうでしょう。これは普通に不倫がバレるよりも、遥かにヤバイことなのです。

まず夫とは離婚をするしか道は残されていないでしょう。
さらに、妊娠の発覚した時期が遅ければ、子供を生まないといけないかもしれません。子供を生んだとしても、不倫相手の男性に逃げられている可能性が高いでしょうから、自分1人で育てていかないといけません。
おまけに両親からは、一体誰の子なのか疑われるでしょうから、もはや普通に子育てできる環境ではないと言えるでしょう。

不倫をするということは、それだけ大きなリスクを背負うということなのです。
後で後悔するぐらいなら、最初から不倫なんてやらない方がいいでしょう。

不倫で人を傷つけることだってあるということ

傷つける私は大学に進学したばかりのころに、とある40代の男性とお付き合いをしていました。ただ、その男性とお付き合いをしてすぐに、実は彼は、結婚をしていることを聞かされたのです。
要するに彼とは、純粋な恋人としての仲ではなく、不倫関係としての仲だったのです。

しかし、まだ若くて恋愛経験の浅かった私は、彼が結婚していたとしても、彼への好きな思いは変わらなかったので、そのままお付き合いを続けたのです。しかし、彼との付き合いを続けていくうちに、自分は不倫をしているという罪悪感を感じるようになり、最初のころは楽しかった彼とのデートも、純粋に楽しめなくなりました。

そしてある日、私がたまたま街中の繁華街を歩いていると、彼が歩いているのを見かけたのです。しかも、彼は奥さんと小学生ぐらいの子供2人と一緒にいたので、その光景を見た私は、これ以上あの家族に迷惑をかけることはできないと思い、私の方から一方的に彼と音信不通になりました。もし私と彼が不倫をしていることを、あの家族に知られたら、どれだけ奥さんと子供たちが傷つくことか。

それを考えると、不倫なんて続けることはできませんでした。
それ以降私は、2度と不倫なんてやらないと固く誓いました。
もちろん、結婚をしてからも、その思いは変わりません。不倫をすることで他人を傷つけるなど、絶対に許されないことなのです。

Copyright(c) 2010 アシュレイマディソンより出会える人気の不倫サイト集 All Rights Reserved.